マンスリートピックス

大城クリニックでは、患者さまに役立つ情報を提供するために マンスリートピックスを紹介していきます。

 肌はひとつのidentity~美肌で羨望の的に~

 最近、女性の社会進出はめざましく、対外的な活動をする方が増えています。 “若々しく美しくありたい”という願いは、女性にとって自然に生じてくるもののようですが、経済的にも自立した女性が美容にお金を費やせることで、美容業界が急成長を遂げてきたと言えるでしょう。
 レーザー美容では、形態的なたるみ・しわ、色素異常としてのしみ・くすみ・毛細血管拡張が改善可能です。その他にも美肌を目指して、毛穴の開きや黒ずみ・肌のきめ・ニキビ・脱毛などを対象としており、改善が可能です。全ての年代の方がレーザー美容の対象といえるのですが、大体の人は30代に入ると肌の衰えを実感し始める傾向にあるようです。
 “色の白いは七難隠す”と言われるように、肌が美しく生き生きしていると若々しく見えます。逆にハリがなく、くすんでいると老けた印象を与えます。肌の質を良くするのは、美容の原点と言ってもいいでしょう。
 肌を若く保つ為には、衰えた肌を改善させることは勿論ですが、メンテナンスを行う事も重要ですので、実際は肌が衰えたと感じる前からメンテナンスを心がける事が寛容だと思います。

 特に30代の女性は肝斑や後天性真皮メラノサイトーシスという色素異常がでてくる年代です。肌は生きている臓器ですので、良い刺激を与えれば、必ず美しい肌に変わっていきます。
 大城クリニックでは、肌に対する医学的な知識と、レーザーの専門知識を基に、最新の レーザー美容に取り組んでおります。
 美肌を目指している方や肌の衰えを改善しようと考えられている方は、是非お気軽にご相談下さい。