シワ

「シワ」にはいくつかの種類があり、それぞれに対して異なる治療法があります。当院での様々なレーザーや治療を組み合わせたシワの治療法を紹介します。

詳しい説明

シワは、紫外線のダメージの蓄積、老化に伴うコラーゲン量の低下や皮膚の被薄化や、表情筋の動きの習慣による皮膚の癖など、様々な要因が組み合わされて生じます。それぞれの影響の度合いによってシワの深さ、長さが決まってきます。
“ちりめんジワ”は、主に紫外線ダメージと老化が原因です。浅く、被錐な形で細かく数の多いもので、下まぶたによく見られますが、顔中でどこにでも生じます。
また表情筋とちりめんジワの組み合わさったものが“目尻のシワ”で、烏の足跡と呼ばれるものです。
筋肉の影響を強く受けることで生じるシワは、眉間や額に多く、非常に薄く長いシワになりがちです。
それぞれのシワには種類や部位に合わせた治療を行います。

治療方法

“細かいちりめんジワ”は、レーザーを皮膚にあててコラーゲンの収縮を促し、紫外線ダメージと老化で伸びきって隙間ができているシワを緩める治療を行います。この治療を顔全体に行うものが小顔と張りのある肌をつくるラ・ジュネッセ治療です。
“表情筋の影響を受けているシワ”は、ボツリヌス菌から取れるボトックスをその筋肉に注射して治療します。目尻であれば眼輪筋、額であれば前頭筋、眉間であれば雛鼻筋に注射し、筋肉の動きを抑えることでシワを浅く目立たなくするものです。
眉間や額等“深いシワ”の場合には、上記の治療に加えて、さらにヒアルロン酸をシワに注射し、溝が埋まるような治療を行います。

症例写真

治療前
治療前
  治療後
治療後
治療前
治療前
  治療後
治療後