スポーツペイン

スポーツによる筋肉痛や疲労、靭帯や関節内の損傷による首、肩、肘、腰、足首の痛みを弱いレーザーによる「 内科的レーザー治療(LLLT)」で軽減又は完治させることができます。 またレーザーを利用して質の高い練習を維持することで筋力アップなど運動能力の向上が期待できます。

スポーツペインとは

「運動は健康のために良い」とは言うものの、第一線で活躍するスポーツ選手ともなると、その運動は限界を超え、様々な部位に負担をかけすぎています。
プロのスポーツ選手に故障が多いのはそのためで、選手たちにとっては故障しないよう予防に努めるとともに、痛みや障害が出た時、いかに適切な治療を受け早期治療ができるかが、その後の活躍のカギを握るポイントになっています。

治療方法

内科的レーザー治療(LLLT)は、そのようなスポーツ障害の治療として効果を発揮しています。
スポーツ障害といっても、その種類によって違いはありますが、一般的に多い諸関節の痛み、捻挫、腰痛などは、組織や細胞を活性化させることで回復力を高める 内科的レーザー治療(LLLT)により早期回復が望めます。
また、トレーニング的にレーザーを照射することで、一般トレーニングより18%の筋力アップがなされたとの報告もあり、運動能力の向上にも役立ちます。

体験談

肘の痛み

つねに痛みを抱えていた肘の痛みがひいた

男性 スポーツ選手

ピッチャーで少年時代から投げ続けているので、肘の痛みは慢性化しています。酷使し過ぎたのか肘が変形していると診断されました。しかし、痛みがあっても、じっくりと治療する時間がとれず、練習しながら治すしかないため、つねに痛みを抱えていました。
試合中にふとしたはずみで肘を痛め、 内科的レーザー治療(LLLT)を受けました。すぐに痛みが取れて助かりましたが、慢性の痛みの方は、まだ治療期間を要すると言われています。右利きで左足を軸にして投げているので、左足に負担をかけているらしく、左足が痛みはじめているので、現在そちらも治療してもらっています。

体験談

腰痛

注射をしなくても腰痛症が治った

男性 スポーツ選手

腰痛症があり、疲労が溜まると特に痛みはひどくなりました。腰をねじったり、かがんだりする姿勢ができなくなるし、全力で走ることも前後左右へ身体を曲げることも苦痛になるほどで、打撃力が落ちてしまいます。いろいろな治療を受けていましたが、前屈しても指先が膝までにしか届かない状態になってしまい、ヒットも出なくなってしまったので、『 内科的レーザー治療(LLLT)』で、痛みや炎症を取ってもらいました。初回の治療だけで手のひらが床に着くようになり、その日のナイトゲームでホームランを2本打つことが出来ました。その後、『 内科的レーザー治療(LLLT)』を受け続け、そのおかげで調子が戻りました。

症例写真

治療前
治療前
  LLLT治療後
LLLT治療後