当院の歴史

世界初のレーザー専門総合病院へ

恩師ゴールドマン博士と大城理事長

恩師ゴールドマン博士と大城理事長

レーザーは「光」です。多くの学者による光の研究の末、1960年に米国人テオドール・メイマンによってルビーの結晶を媒質にしたレーザーが発明されました。当院の理事長である大城は、そのルビーレーザーを皮膚科領域に応用したレオン・ゴールドマン博士の論文を読み、自身が研究していたアザの治療に応用できるのではと考えて1974年に渡米しました。 大城は、ゴールドマン教授の下でレーザー医学とレーザー工学とを修学し、1975年に世界で初めてのアザのレーザー治療専門病院として、大城クリニックおよび日本医用レーザー研究所を静岡県静岡市に開設しました。1977年、クリニックおよび研究所を東京千代田区麹町に移転、1994年には現在の地、東京新宿区信濃町に移転。2002年にクリニックを医療法人化し、現在に至っております。

開設当初、日本には医療用レーザー機器さえなかったため、大城は、メイマンの設立したKorad社製(米国)のルビーレーザーK2(工業用レーザー機器)を個人輸入し、日本医用レーザー研究所において、独自に医療用機器に改良し、「大城式KORAD K2ルビーレーザー装置」として各種母斑(アザ)に対してのレーザー治療を開始しました。これが、日本の皮膚科形成外科におけるレーザー治療の始まりです。

その後当院は、形成外科および皮膚科領域におけるレーザー治療のパイオニアとして、メラニン系の母斑(黒アザ、茶アザ、白アザなど)や異常血管系の母斑(赤アザ)などを中心に治療を行い、その臨床成果や研究成果を成書、論文、各種学会、新聞およびTV、雑誌などを通じて国内外に発表してまいりました。さらに、医用レーザーの新しい可能性をも追求し、各種痛みの治療(整形外科・痛み科)、医療レーザー脱毛、アレルギー性鼻炎(耳鼻咽喉科)、更年期障害、不妊症(レディース科)、美容外科・美容皮膚科などへとレーザー治療の応用範囲を広げてまいりました。

現在大城クリニックでは、29種103台のレーザー機器を常備し、形成外科、皮膚科、整形外科、痛み科、耳鼻咽喉科、婦人科(レディース科)、美容外科・美容皮膚科を標榜し、各診療科の専門医師によるレーザーを中心とした総合的な診療を行っております。

大城クリニックは、「健やかに、美しく、華やかに人生を送っていただくためにレーザーを医療に活かす」という信念のもと、世界初のレーザー専門総合病院として、皆様のお役に立てるよう歩み続けております。

大城クリニックと日本医用レーザー研究所のあゆみ

1974年6月 大城がレーザー医学研修のため渡米
1975年2月 Korad製Rubyレーザー「K-2」を改造しアザ治療を開始
1975年6月 日本医用レーザー研究所 設立
1975年6月 大城クリニック 開設
1978年1月 COHERENT社アルゴンレーザー(Model1000)導入
1978年7月 日本医用レーザー研究所 製小型Rubyレーザー開発
1980年4月 ペインクリニック開始
1985年 日本医用レーザー研究所製半導体レーザーOhLase3D1を開発
1990年10月 第1回International Laser Therapy Association(国際レーザー治療学会:ILTA)を沖縄で大城理事長が大会長として開催
1992年3月 半導体レーザーLASOTRONIC社製「MED-130」導入
1992年5月 Qスイッチ付きルビーレーザーSPECTRUM社製「RD1200」導入
1992年12月 炭酸ガスレーザー日本赤外線工業社製「IR101」導入
1993年9月 Nd:YAGレーザーLaser Sonic社「HERCULES 5040」導入
1993年10月 花粉症治療開始
1994年2月 He-Neレーザー(632.8nm)日本電気(株)製「GLG5370」導入
1994年5月 クリニック信濃町移転
1994年8月 炭酸ガスレーザーCOHERENT社製「ULTRA PULSE5000C」導入
1994年12月 Qスイッチ付き Nd:YAGレーザー Continuum Biomedical.Inc 社製「MED LIFE」導入
1996年4月 Er:YAGレーザー AESCULAP 社製「MCL29」導入
1996年10月 不妊症治療開始
1996年12月 脱毛治療開始
アレキサンドライトレーザー Cynosure社製「LPIR」導入
1997年10月 炭酸ガスレーザー 日本赤外線工業社製 「Niic15」導入
1998年4月 KTP:YAGレーザー IRIDERM社製 「Dio Lite532」導入
1998年5月 銀座四丁目大城クリニック開設
1999年6月 色素レーザー CANDELA社製 「SPTL-1b」導入
2000年12月 色素レーザー CANDELA社製 「V-Beam」導入
2001年12月 診療内容の拡充の為、銀座四丁目店と信濃町大城クリニックを統合
半導体レーザー LASOTRONIC社製 「MED-1001」導入
半導体レーザー INTLAS,Ltd.社製 「PD-15」導入
2002年10月 医療法人化を行い、「医療法人社団 慶光会 大城クリニック」 と改正
2002年12月 IPL+RF (580〜980nm) Syneron社製「Aurora」導入
2003年9月 Qスイッチ付きアレキサンドライトレーザー(CANDELA社製)「ALEXLAZER」導入
2003年10月 ネオアーク製 「ヘリウムネオンレーザー」導入
2003年12月 LED治療器 オムニラックス社製「フォトリバイブ」導入
2004年1月 色素レーザー CANDELA社製 「V-Beam」導入
2004年10月 炭酸ガスレーザー LUMENIS社製「ウルトラパルス アンユア」導入
2005年6月 アレキサンドライトレーザー CANDELA社製 「GentleLASE」導入
2006年1月 炭酸ガスレーザー NIIC社製 「Lasery15Z」導入
2006年2月 双極式高周波治療器 LUMENIS社製「Aluma™」導入
単極式高周波治療器 THERMAGE社製「Therma Cool™」導入
2006年4月 エルビウムグラスレーザー RELIANT社製「FRAXEL™」導入
2006年9月 色素レーザー+Nd:YAGレーザー CYNOSURE社製「Cynergy MultiPlex」導入
2006年10月 Qスイッチルビーレーザー NIIC社製 「IB101]導入
2007年2月 フォトリフレッシャー 日本医用レーザー研究所製 「PHO3001」導入
2007年9月 フォトリフレッシャー 日本医用レーザー研究所製 「PHO3002」導入
2008年1月 半導体レーザー(839nm) 日本医用レーザー研究所製 「OhLase HT2001」導入
2008年2月 フラクショナルNd:YAGレーザー Cynosure社製 「Affirm」導入
2008年3月 フォトリフレッシャー 日本医用レーザー研究所製 「PHO3002」導入
2008年7月 He-Neレーザー Neoark社製 「HN-530P」導入
2008年8月 フォトリフレッシャー 日本医用レーザー研究所製 「PHO3002」導入
2009年10月 Qスイッチルビーレーザー NIIC社製 「IB101]導入
2010年8月 色素レーザー CANDELA社製 「V-Beam Perfecta」導入
2010年10月 アレキサンドライトレーザー+Nd:YAGレーザー CYNOSURE社製「Elite MPX」導入