肩こり

肩こりは女性に多く、女性の12%が肩こりを訴えています。 マッサージや鍼灸などではとれなかった長年のこりも「 内科的レーザー治療(LLLT)」なら治せます。

肩こりの原因

「肩こり」は、肩や頸の筋肉が疲労して、痛みやしびれが溜まっているものです。
頸は頭を支えていますし、肩は腕の重みを支えていますから、筋肉疲労が起こりやすいのです。
最近はパソコンの普及に伴い肩こりを訴える人が増えています。特に女性に多く、国民生活基準調査によると、日本の女性の12%以上が肩こりを訴えています。
また、腕部にも“こり”が及ぶこともあり、頸、肩、腕のこりや痛みを「頸肩腕症候群」と呼んでいます。

治療方法

「肩こり」には、 内科的レーザー治療(LLLT)を行います。
弱いレーザーを用いて、血流を改善し発痛物質を中和するもので、効果が大きく、治療を重ねることで長年の“こり”を改善させることが可能です。従来の治療法であるマッサージや鍼灸、整形外科でのけん引や温熱療法などで改善されていない方にも効果があります。

体験談

肩こり

10年間苦しんだ肩こりが約1ヶ月で治った

66歳 女性 主婦 治療回数6回

原因と症状 …肩こりで視力にも影響が…
自宅で本をよく読むためか、10年ほど前から肩こりがひどくなりました。肩こりは両肩から頚にかけてあって、ひどくなると重苦しく、頭痛や吐き気が起こるほどでした。眼の奥も痛くなって、物がはっきり見えなくなることもあり、「肩こりとはいえ、このままでは心配だ」と不安でした。週に1回の割合で指圧に通ったのですが、あまり効果が感じられなかったので、友だちに紹介されました。
治療 …視力も改善…
特に、右の肩甲骨の内側から肩にかけて筋肉の痛みと圧痛があると言われ、頚のところにレーザー照射をされました。頚部の筋肉を柔らかくしているという説明がありました。“大後頭神経”、“小後神経”に絞っての治療ということでしたが、初回の治療だけでも頭痛が軽くなり、眼の奥の痛みもなくなりました。
壁にかけてあったカレンダーがはっきり見えるようになって、ほっとしました。

症例写真

治療前
治療前
  治療後
治療後