医療レーザー脱毛(モデルクリニック宣言)

体験談

ワキの下の脱毛

これ本当!?信じられない

21歳 OL

悩みと状況

私の悩みは、ワキの下の毛が他の部分に比べて太くて濃い上に、その本数も多いことでした。中学生のころから脱毛ワックスやムースをよく使っていましたが、両方とも全部がきれいに取れるというわけではなく、使い過ぎると痛くて仕方ない時もありました。結局、私が選んだ無難な方法は、カミソリで剃ることと、毛抜きで1本ずつ抜いていくことでした。

そんな折り、大城クリニックのレーザー美容脱毛に出会いました。最初は「レーザーを当てる」ということの認識が浅く、怖かったことも事実です。でも、メカニズムの説明や、治療前後の写真を見せていただき、疑問にも納得のいくまでお答えいただいているうちに、「これは今までの脱毛と全く違うかもしれない」と期待が膨らんでいきました。

初診当日、体質的にも問題がないので、早速レーザー治療を受けました。患部を出して、冷凍麻酔を使いながら、レーザーをピッピッとあてていくだけでした。痛みもなく、「何本くらい抜けているのかな」と思い始めたら「終わりました」との声。気が抜けるほど簡単に第1回目の治療が終わりました。残った毛根が成長するのを待って、数週間後にもう一度治療するとのこと。家に帰って処理したワキの下を見て、きれいに取れているので「これ本当?」と一瞬信じられず、そしてジワジワとうれしくなってきたのを、今でも覚えています。

エステなどの電気脱毛は、治療が終わると傷跡が残ったり、色素沈着が起きてしまうと耳にします。でも、わたしのワキの下はそれがなく、それどころかきめが細かくなったような気さえします。あんなに太くて濃かった毛が、確実に細く薄くなりました。大城クリニックとレーザー脱毛のおかげで、これからは夏を思い切り楽しむことができます。

ドクターメモ
ワキ毛の処理を希望される患者様の典型的な例です。4~5回の治療で、毛が細く短く薄くなり、毛穴の黒ずみも取れ、きめ細かな皮膚になります。1回の治療時間は、両側のワキ毛で5分程度です。電気脱毛をはじめとする従来の脱毛方法においては、ワキの下やビキニラインはデリケートなだけに、脱毛が非常に痛く困難があるとされています。しかし、マイルドエピラシオンなら、4~5回のレーザー治療で満足できる結果が得られます。
治療前
治療前
  治療後
治療後

体験談

脚の脱毛

これからは素足で過ごせます

27歳 OL

原因と症状他

私は幼い頃から父親譲りの毛深さに悩んでおり、学生時代から、家庭でできるあらゆる脱毛方法を試してきました。また、私は普通の人よりもかなり色白でしたので、脱毛後も毛穴が目立ち、真夏でも素足で外を歩くことができませんでした。

雑誌で大城先生を知り、レーザー脱毛ができないかとご相談したところ、左脚のひざ下を試験的にレーザー脱毛をしていただきました。その間わずか30分、左 ひざ下全部が脱毛されていました。痛みもなく、短時間ででき、腫れたりひりひり痛むなどのトラブルが起きないことに大変驚きました。今まで自分で行ってき た、電気脱毛、脱毛ジェル、脱毛シートやエステでの脱毛とは違い、毛穴の色素沈着や肌荒れを起こすことが全くありませんでした。

今までの脱毛では、術後のケアが万全でないため、大なり小なりトラブルが起こっていたのですが、大城クリニックは医療機関ですので、安心して脱毛を受け ることができ、お薬も処方していただけたので、とても助かりました。

治療
計2回の治療で毛が細くなり、今まであった毛穴の色素沈着もなくなりました。肌が引き締まった感じでツルツルになり、脚も 同様に引き締まって細くなりました。その後、安心して右脚も治療し、長年の悩みであった毛深さのコンプレックスからこんな短い時間で解放され、大城クリ ニックとレーザー治療には大変感謝しております。これからは素足で夏を過ごせると思うと、夏がくるのが楽しみです。
ドクターメモ
この方のように、通常より毛深いのが悩みという女性の患者様は、多くいらっしゃいますが、マイルドエピラシオンでは、3~4回の治療でほぼ満足できる効果が得られます。この方法では、毛穴が小さくなり、きめが細かく張りのあるつややかな皮膚になります。小ジワもとれ、肌のくすみや毛穴の色づきも取れて、色白の肌になります。脚も少しではありますが、細くなるようです。
(左脚)治療していないひざ下
(右脚)2回治療後のひざ下

体験談

ビキニラインの脱毛

痛みも殆どなく・・・

25歳 会社員(男性)

悩みと状況
私は会社員ですが、日頃より大変な毛深さに悩んでおりました。男性ではときおり見かけますが、下腹から両足にかけて、剛毛が切れ目なくつながるように生えています。趣味で7年前よりトライアスロンをやっておりますが、非常に苛酷な競技のため、自宅で時折セルフマッサージをしていたわっていますが、その際に太い毛があると、たいへん邪魔になりました。
見た目の悪さもあり、週に1~2度はカミソリで剃毛していましたが、カミソリ負けをしたり、皮膚を切ってしまったりと、しょっちゅう辛い思いをしておりました。
しかし、大城クリニックがレーザー脱毛を行っているということを新聞で知り、思いきってビキニラインの脱毛を受けることにしたのです。最初は緊張しましたが、塗り麻酔を使用しましたので、痛みもほとんどなく、拍子抜けしてしまうほど楽な気持ちで治療を受けることができました。計2回照射しましたが、あまりにも簡単な治療だったので、大変驚きました。
現在、治療して約半年が経過しましたが、自己処理は必要ないほどに薄く短くなっています。おまけに毛穴の色素沈着までとれて、うれしく思っています。すっきりした気分で、マッサージにも気合いが入ります。今度はぜひ、脚の脱毛もしていただきたいと思っています。
ドクターメモ
男性のビキニライン治療希望者は珍しく、最初は驚きました。「疲れた脚のマッサージのため、毛が邪魔になる」という話を聞き、なるほどそういう弊害もあるのか、と脱毛を試みました。
ビキニラインは痛みに対して、感受性の強い部分ですので、あらかじめ塗り薬による麻酔を行った後、マイナス160度ぐらいの冷風で冷やして治療を行いました。本人に確認したところ、痛みを覚えることもなく治療を受けられたとういことです。週に1~2度の剃毛をしていたこともあり、同部位の色素沈着はかなりひどいものでしたが、2回の治療でほとんど分からない程度まで黒ずみが取れました。半年を経た現在、濃くて目立つ毛は生えてきていません。
治療前
治療前
  治療後
治療後