下まぶたのタルミ

下まぶたのタルミは若い人でも生じる可能性があるものです。そのため顔が老けて見えたり、タルミの部分が影を落とすためクマに見えたり、常に疲れているように見えてしまいます。 当院のレーザーを駆使した治療を報告します。

詳しい説明

目の下のタルミは、老化による皮膚の弛緩や被薄化が大きな要因になっています。
眼窩内脂肪は、眼球周囲を包み込むようにある脂肪組織のことで、この脂肪の房を結ぶ繊維質が皮膚と同様に加齢と共に脂肪の房の結びつきが弱くなり、結果として眼球そのものの重みによって下まぶた方向に押し出されてくるものです。
下まぶたは、顔のほかの部分のタルミとは異なり、物理的に中から押し出されるため、骨の形に沿って小袋状にタルミが生じるのです。
若い頃は、下まぶたの皮膚の弾力や目を強く閉じる時に使う筋肉である“眼輪筋”が張っているため、ある程度の圧力には耐えられますが、老化に伴って抵抗力を失うと、一層タルミが強くなります。

治療方法

下まぶたのタルミの原因は、眼窩内脂肪の突出です。治療は飛び出してきた余分な脂肪を取り除く方法で行います。
当院ではレーザーメスによって、出血がほとんどなく、傷口を縫合する必要もない術式を生み出しました。
下まぶたの裏側の結膜から脂肪のある層に達し、内側、中央、外側に飛び出している脂肪のみを摘出します。
片側手術で、10分~15分と短時間で終わり、術後の腫れもほとんど気にならない程度で済みます。
以前は、まぶたの皮膚もあわせて切除する術式もありましたが、当院では行っておりません。日本人は皮膚の弾力が強いため、タルミを取った直後には余計シワが増えているかのように見える場合もありますが、次第に皮膚は元の状態に復元されていきますので、皮膚を切除する必要はありません。

体験談

下まぶたのタルミ

鏡を見るのがうれしくなりました

49歳 女性 治療回数1回

原因と症状他
20代の時に、下まぶたのタルミが気になりはじめ、ある美容外科医から皮膚切開による脂肪切除をすすめられました。手術による傷が怖くて、そのまま放置していました。目の下のタルミは疲れたときにひどくなり、特に生理の前には黒ずみが増すようです。
私の職業は看護師でしたが、30歳から45歳までは、子育てに専念していたため仕事を離れていました。子供が高校に入学したのを機に、再度看護師として働くことにしました。
その頃、目の下を切らずにまぶたの裏側からレーザーを使って手術する方法を知りました。出血も少なく入院の必要もないということなので、手術を受けることにしました。
治療
目薬を入れる要領で結膜と角膜の麻酔を行い、3~5秒後には、ピンセットで眼球に触れても痛みを感じなくなりました。その後、眼瞼結膜を通して、下まぶたのタルミの中に局所麻酔を注入するとのことでした。麻酔薬を注入する時に少し温かく感じました。注射針が結膜を刺す時は痛みを感じることもなく、手術は、角膜保護板を使って目隠し状態で行われましたので、時々引っ張られる感じはありましたが、知らないうちに終わっていました。
左目から治療して右目に移り、全部で40分程の治療でした。
術後、少し青いクスミが出ましたが、それはだんだんと紫色に変色し、茶色から黄色へと変化して2週間程で消えてしまいました。タルミの部分の脂肪を取っただけなのに、ふくらみがとれて平らになりました。
現在は人目を気にすることもなくなり、手術の結果に非常に満足しています。手術をして本当に良かったと、鏡を見る度に心が弾みます。

症例写真

※体験談と症例写真とは一致するものではありません

治療前
治療前
  治療後
治療後